薬膳味噌の保存方法は?
冷蔵庫(5~8℃)で保存していただくことをおすすめしています。
また、冷蔵庫に入らない場合には、冷凍庫に保管していただいても問題ございません。
一般家庭用の冷凍庫(-20℃)では味噌は凍らず、長期間品質保持が可能です。
買い置きの薬膳味噌の色が濃くなってしまいましたが、食べても大丈夫ですか?
色が濃くなる現象は褐変(かっぺん)と言い、薬膳味噌に限らずどんな味噌でもおこる現象です。
熟成が進むにつれ原料の大豆と米の分解物が互いに反応し褐変物質を生成することで褐変はおこります。
温度が高ければ高いほど急速に進みますが、色が濃くなっても体に害とはなりませんので、
そのまま召し上がっていただいて差し支えはありません。
ただし、極度の褐変は薬膳味噌独特の風味を損ないますので、美味しさを保つためにもご購入後は未開封の状態でも
冷蔵庫での保管をおすすめします。
賞味期限を過ぎてしまったのですが、食べられますか?
薬膳味噌は賞味期限が切れてもただちに傷んでしまうものではありませんが、風味に変化が現れます。
賞味期限内でのご使用をお願いいたします。
味噌の上に醤油のようなものが溜まってきました。食べても大丈夫ですか。
醤油のようなものは「たまり」といい、薬膳味噌の熟成中にできた「みそのエキス成分」です。
旨味が凝縮していますので、味噌と混ぜてお召し上がりください。
白いカビのようなものが出たのですが、食べても大丈夫ですか?
味噌の表面に出来る白いカビのようなものは産膜酵母(さんまくこうぼ)と言い無害ですが味噌の風味を損ないますので、
もし発生したらその部分を取り除いて使用して下さい。
産膜酵母の発生を防ぐためにも開封後は表面が空気に触れないようにラップして冷蔵庫で保管をお願い致します。
また、味噌の表面や内部に白い結晶が出来ることがありますが、こちらはアミノ酸が結晶したものですので
安心してお召し上がりください。
袋が膨れていますが大丈夫ですか?
味噌の袋が膨れるのは、味噌の中の生きている酵母が活動して炭酸ガスが発生するからです。
品質には問題ありませんので、穴を開けてガスを逃がしてください。
薬膳味噌でつくったお味噌汁の塩分はどのくらいでしょうか?
お椀1杯では約1.4gです。薬膳味噌にはミネラル豊富な沖縄天然海塩を使用しています。