7400

泡盛職人がつくったこだわりのこーれーぐーす 150ml

販売価格(税別)
¥580

数量

沖縄伝統の辛味調味料である「こーれーぐーす」。泡盛松藤と島とうがらしをベースにもろみ酢とヨモギをブレンドした、従来のこーれーぐーすとは一味ちがった旨味と香りたっぷりの万能辛味調味料です。

沖縄の食卓の名脇役 こーれーぐーす

こーれーぐーすは島とうがらしを泡盛に漬け込んだ、沖縄の食卓 には欠かせな い辛味調味料です。その用途は幅広く、沖縄そばやみそ汁にはもちろん、チャンプルーなどの隠し味としても活用されています。
崎山酒造廠の『泡盛職人がつくったこだわりのこーれーぐーす』は泡盛職人たちが丹精込めて仕込んだ泡盛松藤に、特製のもろみ酢とヨモギをブレンド。一段と深みのある味わいに仕上がっています。

〈崎山酒造廠オススメの使い方〉
・トマトベースのパスタにタバスコ代わりに振りかけて
・ドレッシングにブレンドして辛味とコクをプラスして
・市販のお醤油に大さじ2杯程度加え、深みのある味わいに
他にも工夫次第でバリエーションが楽しめます。

酒蔵のマル秘万能調味料 こーれーぐーす

酒蔵秘伝 ピリ辛そーめんチャンプルー レシピ


〈材 料:2〜3人前〉

・そーめん 3束
・泡盛職人がつくったこだわりのこーれーぐーす 適量
・ツナ缶(小) 1個
・わけぎ 3〜5本
※ツナ缶やわけぎはお好みで調節してください。

〈つくり方〉

?泡盛職人がつくったこだわりのこーれーぐーす 大さじ1杯をツナ缶に入れ良く混ぜます。こーれーぐーすの分量はお好みで調節してください。

?わけぎは小口に刻みます。

?お湯が沸騰したところでそーめんをパラパラと投入。お箸でほぐし混ぜながら約1分茹でます。茹であがったらすぐにザルにこぼしたっぷりの冷水をざっとかけ、水分を良く切ります。

?茹で上がったそーめんをボールにあけ、下ごしらえしていたわけぎと泡盛職人がつくったこだわりのこーれーぐーす入りツナ缶と良くからませます。


?器に盛って出来上がり。味付けはツナの味だけで充分ですが、お好みで塩を加えるもよし、ナムプラーをひと振りすれば、エスニックな味わいも楽しめます。

『こーれーぐーす』の語源は諸説ありますが、島唐辛子は別名『高麗草』。それが沖縄方言となって『こーれーぐーす』となったと言われていますが、本当のところは定かではありません。
食卓では地味な存在ですが、必要なところでしっかりと活躍してくれる沖縄ではなくてはならない存在です。


  • shopping guide1
  • shopping guide2